知ればリスク減!マンション売買の手数料を暴く

>

売買を成功させるには

取引の流れを知ろう!

不動産を介して物件を売買するときに、何から始めればよいのでしょうか。流れを知ることで自分の立ち位置や、状況がわかるので質の悪い業者に騙されることもありません。

まず物件取引をする場合、希望する条件とまとめ、整理します。ぼんやりとしていると不動産も困りますし、ユーザーを紹介することもできません。条件、予算を決めたら不動産探しです。複数の不動産を比較することで、自分にあったところを見つけることができます。
その後、打ち合わせを行い問題がなければ正式に仲介依頼を行います。あとは不動産が条件に見合ったユーザーを見つけてくれるので、双方が納得すれば契約は成立です。
この取引が成立した時点で仲介手数料の支払いが生じます。あとは不動産が手続きをしてくれれば、取引は完了となります。

依頼をする際の注意点

物件の売買というのは大きなお金が動きますし、一生に何度もあるものではありません。
故に質の悪い業者をうまく見抜くことができないケースもあります。不動産選びのコツや注意点を説明しています。
まず不動産を選ぶ際に見るべき点は、説明・調査をしっかりしているかです。不動産にはユーザーに説明を行う説明義務がありますので、不明点や質問を含めしっかりと受け止めてくれるところがよいですね。

またコンサルティング料金を仲介手数料以外に請求されるケース、売買の際に提示された条件とは異なる場合もあるので、おかしいとおもった時点で不動産関連に強い法律事務所へ相談するとよいですね。
すべてを不動産へ投げるのではなく、状況を知っておく、逐一ホウ・レン・ソウをおこなうことも重要です。


この記事をシェアする