知ればリスク減!マンション売買の手数料を暴く

>

手数料無料って本当にお得?

タダほど怖いものはない?

物件売買をしている不動産の中には仲介手数料無料、あるいは半額といった広告を出しているところがあります。コストが抑えられるならメリットだと感じる方が多数ですが、それは本当にメリットでしょうか。

前の項目で説明したように、仲介手数料は不動産の利益の一部です。それをカットされては企業としての利益が下がることになるといえます。また不動産も他の利益はあると言え、利益が下がることをよしとしていません。これがあからさまなモチベーション低下につながる可能性があります。モチベーション低下が起きると取引を後回しにされたり、こちらからの問いかけのレスポンスが遅くなってしまったりすることが挙げられます。
それを考えると仲介手数料が無料というケースは、メリットばかりではないのです。

心情を考えた配慮を

仲介手数料にはある程度の上限があり、その範囲であれば不動産が自由に設定できると申しました。
それなら交渉次第では値引きができるのでは?と考える方もいます。確かにケースによって値引きができることもありますが、これもモチベーションの低下につながりますし、あからさまな値引き交渉はあまり良い顔をされません。
あくまでも「声をかけて、少しでも値引きできたら御の字。」というスタンスでないと、場合によって売買をキャンセルされることもあります。

売買をしたいユーザーとしてはできる限り、コストカットをしたいのは当然ですが不動産も利益を出したいとおもうのは当たり前ですので、お互いが気持ちよく取引ができる塩梅を探っていくことがスムーズに取引できるコツといえます。


この記事をシェアする