知ればリスク減!マンション売買の手数料を暴く

>

手数料をお得にするには知識が必要

メカニズムを知れば怖くない!

不動産をつかって売買をするということは、売買をしたいユーザーが不動産へ依頼し、その不動産が同じく売買を希望するユーザーとの間に入って取り持ってくれることを指します。
その時に不動産は顧客を探したり、お互いの話や意見を取りまとめて提案したりとします。その後、取引が成立した時に支払われるのが仲介手数料です。言わば売主と買主をまとめた不動産に支払われる利益です。

自身で売買する相手を見つけることで、手数料をカットすることができますが、不動産売買で想定される手間やコスト、リスクを引き受けなければなりませんので、よほど知識のある方でないと難しいでしょう。
手数料を支払うことで、ユーザーは不動産にある程度のことをお任せでき、不動産はそれに見合った利益を得ることができるのです。

どんな手間やリスクがあるのか?

仲介手数料の仕組みを知った上で、自身で売買をしたいという場合はどんな手間やリスクが考えられるのでしょうか。

まず挙げられるのが取引相手を探す時間的なコストです。広い人脈やパイプがあったり、広告を打つことができたりするのであれば問題ありませんが、不動産ほどうまくできることは稀です。また取引をするにあたって売契約条件の交渉・売買契約の締結売買物件の引渡業務といった手続きが必要になります。
これは専門的な知識が必要であり、省くことができない手続きになります。
これらを挙げただけでも不動産を介さないのは現実的でないことがわかりますし、多少のコストが発生してもしっかりと責任を持って行ってくれる不動産へ依頼するのがベストです。


この記事をシェアする