マンション売買にかかる手数料の仕組み

知ればリスク減!マンション売買の手数料を暴く

どうして企業によって手数料が異なるの?

マンションや物件の売買をするときの多くは不動産企業に依頼をかけ、取引相手を探してもらうのが一般的です。
中には不動産を介さずに行う手法もありますが、その場合は身内や知人と取引相手が限られますし、不動産のように人脈もないので物件について知られることがありません。また必要な手続きをすべて自身で行わなければなりませんので、かなり大変だといえますし、素人の付け焼刃であればトラブルが発生する可能性もあります。

今申したケースであれば、何も仲介していないので手数料が発生することはありません。
仲介手数料というのは、いわば物件の取引を成功させた不動産へ支払いされる報酬のようなものです。
しかし不動産の中には、この手数料が無料であると謳っているところもありますが、その場合不動産は利益を得られないということでしょうか?

物件の売買は一生に数多くするものではありませんし、大きなお金が動く買い物です。そのためできる限りお得に済ませたいとおもうのは当然のことです。ここでは物件取引の際に発生する仲介手数料の仕組みはもちろんのこと、どうすればよりお得に売買できるのかを紹介しています。

ちなみに仲介手数料の上限は決められていて100~200万円までなら物件価格の5%、消費税を含みます。200万円以上になると物件価格の4~3%となります。物件が高額になればなるほど多くの手数料が発生するので、これから物件売買を検討している方は熟知しておくとよいでしょう。